1999年4月より青年団演出部に所属。2000年2月、青年団第5回若手自主公演side-b『髪をかきあげる』(作:鈴江俊郎)演出。退団後、演劇集団かもねぎショット演出助手等を経て2002年2月shelf始動。代表作は、AAF戯曲賞ドラマ・リーディング『大熊猫中毒』(作/半澤寧子)、『R.U.R. a second presentation』(作/カレル・チャペック)、『構成・イプセン ― Composition / Ibsen』 (作/ヘンリク・イプセン)等。古今の作家のテキストを題材に再構成し上演するプロジェクトを続けている。本コレクションの総合ディレクター。
shelf :
http://theatre-shelf.org/


一枚の紙の裏と表とを分離することが不可能なように。方法(形式)と内容とは、本来不可分なものだと思っています。その意味で、岸田國士ほど形式と内容が分けられない作家は、実はなかなかにいない。近・現代日本の戯曲のフォーマットを作った劇作家は、同時に人間の存在の核心そのものまで迫った類稀な劇作家の一人だと認識しています。方法よりも様式よりも。岸田國士の「言葉」を、あなたの心の最も深い場所に届けたいと思います。ご期待下さい。


 shelf 『R.U.R.asecond presentation (再演、R.U.R.) 』
@世田谷シアタートラム   撮影/藤倉善郎

designed by : ysht.org   Copyright (C) 2007 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.