記事一覧

劇評が掲載されました。神奈川新聞 2009年3月20日(金)

 
アップロードファイル 61-1.jpg

言葉を聴かせる趣向
横濱・リーディング・コレクション#FINAL

 二〇〇六年から始まった横濱・リーディング・コレクションという企画では毎回、一人の作家を決め、その戯曲や小説などを読むのを基本に、三―四人の演出家が舞台表現のさまざまな可能性に挑んできた。五回目は「#FINAL 三島由紀夫を読む!」と題して四作品を見せた(2月21・22日、相鉄本多劇場)。
 この企画では東京を拠点にする演出家が多いが、今回は地元劇団、ペピン結構設計の石神夏希が加わった。取り上げたのは、手紙の書き方の指導と例文からなる「三島由紀夫レター教室」。現代の男女四人が身近にあるものを次々と読む、という形で、日常を描いている石神の持ち味を生かしながら、三島の書くことへのこだわりなどを伝えた。
 ほかに、田口アヤコはみしまと全共闘との討論をまとめた「美と共同体と東大闘争」を、場違いな衣装などの趣向で見る側を引き寄せた。片山雄一は戯曲「わが友ヒットラー」を、人物の焦点を絞って再構成し、新しい味を出した。企画のプロデューサーでもある矢野靖人は「近代能楽集」「班女」に挑み、二人のせりふを三人に語らせるなどの手法で、作家が練った言葉に観客の意識を向けさせた。

(神奈川の文化時評「演劇」山田ちよ)

トラックバック一覧

コメント一覧

Script : Web Diary Professional  ..  designed by : ysht.org   Copyright (C) 2007 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.