記事一覧

劇評が掲載されました。神奈川新聞 2009年3月20日(金)

 
アップロードファイル 61-1.jpg

言葉を聴かせる趣向
横濱・リーディング・コレクション#FINAL

 二〇〇六年から始まった横濱・リーディング・コレクションという企画では毎回、一人の作家を決め、その戯曲や小説などを読むのを基本に、三―四人の演出家が舞台表現のさまざまな可能性に挑んできた。五回目は「#FINAL 三島由紀夫を読む!」と題して四作品を見せた(2月21・22日、相鉄本多劇場)。
 この企画では東京を拠点にする演出家が多いが、今回は地元劇団、ペピン結構設計の石神夏希が加わった。取り上げたのは、手紙の書き方の指導と例文からなる「三島由紀夫レター教室」。現代の男女四人が身近にあるものを次々と読む、という形で、日常を描いている石神の持ち味を生かしながら、三島の書くことへのこだわりなどを伝えた。
 ほかに、田口アヤコはみしまと全共闘との討論をまとめた「美と共同体と東大闘争」を、場違いな衣装などの趣向で見る側を引き寄せた。片山雄一は戯曲「わが友ヒットラー」を、人物の焦点を絞って再構成し、新しい味を出した。企画のプロデューサーでもある矢野靖人は「近代能楽集」「班女」に挑み、二人のせりふを三人に語らせるなどの手法で、作家が練った言葉に観客の意識を向けさせた。

(神奈川の文化時評「演劇」山田ちよ)

劇評が掲載されました。

掲載からちょっと日が経ってしまいましたが、インターネット・マガジン「wonderland」 に、演劇ライターの山田ちよ氏が劇評を寄稿下さいました。リーディング・コレクション初回から追いかけた、たいへんな力作です。舞台写真も何枚か掲載されています。下記URLでご覧下さい。


 横濱・ リーディングコレクション#FINAL
 「三島由紀夫を読む!」
 リーディングの枠を超えた4本、幅広く多彩に
 http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=1006

アップロードファイル 60-1.jpg

「レター教室」 演出 / 石神夏希(ぺピン結構設計)

アップロードファイル 60-2.jpg

「班女」 構成・演出 / 矢野靖人(shelf)

アップロードファイル 60-3.jpg

「美と共同体と東大闘争」 構成・演出・出演 / 田口アヤコ(COLLOL)

アップロードファイル 60-4.jpg

「わが友ヒットラー」 構成・演出 / 片山雄一(NEVER LOSE)

初出時にはメルマガ巻末「編集日誌」にて、編集長の北嶋さんに


 横濱・リーディングコレクションはリーディング・ブームのはしり、草分けではないでしょうか。コンセプトが明快で、現れた舞台も文字通りリーディングの「枠」を超えていました。通常の公演からマイナスしたという位置づけではなく、文字通りのリーディングに何かがプラスされたのです。その何かが各舞台ごとに違っていたところが魅力でした。演劇状況を先に進めるためにもこれからも続いてほしい、続けてほしい企画の一つです。
(北嶋)

との評を頂きました。企画のコンセプトから毎回の舞台の成果まで、こうしてご支持を頂けて。プロデューサー冥利に尽きます。有難うございます!

shelf 矢野靖人

終了しました。皆さま有難うございました。

終わってから3日も経ってしまいました。うかうかしてるとホント、最近日が経つのが早い。

今回、関わって下さった演出家、出演者、スタッフ及び関係者の皆様には本当に感謝×感謝! です。皆さんとともに競演、共作が出来てとてもよかった。 あとご来場いただいた皆さまにも! 皆さんとこうして劇場体験を共にすることができて、とても幸せです。ご来場、誠に有難うございました。

様々な事由で今回、FINALと銘打って実施した横濱・リーディング・コレクションですが、終わってみるとやっぱりもっと続けたかった。なんとかして続けていく方法はなかったものか。等々、悔やまれることが多々あります。

終わってしまうのは残念ですが、されど終わりがあってこそ始まりがあるのだと信じて。今後も邁進していきたいと思います。

本企画はここでいったん一区切りとなりますが、僕らにとって横浜は今後も大切な活動拠点の一つです。今後もまた(shelfで、になるかまた別の企画公演で、となるか今はまだ分かりませんが、)横浜で公演を続けていきたいと思っています。関係者の皆さん、横浜の皆さん。今後ともよろしくお願いいたします!

shelf 矢野靖人

いよいよ本日初日です!

先日(2/17)神奈川新聞に、横濱・リーディング・コレクションについての紹介記事が掲載されました。先日稽古場で取材を受けたものですね。企画のコンセプトや経緯などにも触れながら、公演について、とても大きく扱って頂いています。多謝!

アップロードファイル 58-1.jpg


4演出家 三島作品で競作

 日本の作家による戯曲や小説を取り上げ、ドラマリーディングの形式で言葉と身体表現を融合させる舞台「横濱・リーディング・コレクション」が二十一、二十二の両日、横浜・相鉄本多劇場で上演される。第五回となる今回で一区切りの「ファイナル」。四人の演出家が、「わが友ヒットラー」など三島由紀夫作品を題材に競作する。

 ドラマリーディングは、本を読み上げながら演技する舞台表現の一手法。演出家として二〇〇六年の初回から参加する矢野靖人は「台本を読んでいるところを観客に見せることで、俳優の力量や言葉の持つ世界がより明確に立ち現れる」と話す。句読点などに忠実な朗読と異なり、演出や演技、客席の反応に左右される面白さもあるという。

 これまでに取り上げたのは太宰治や宮沢賢治、岸田國士など。毎回、複数の演出家が競作し、一人の作家をそれぞれの視点から解釈した。今回の三島作品の特徴は「言語を建築のように組み立てたところ」(矢野)。際立つ論理性と、それだけでは割り切れない人間の複雑さが見どころだ。

 「横濱-」のきっかけは、〇五年に愛知県で開かれた戯曲賞の記念公演で、矢野らがリーディングを試みたこと。矢野は「横濱-」の意義について「一般的でなかったリーディングの手法が根付き、舞台表現の幅が広がった」と振り返る。

 実行委員会主催、横浜舞台芸術活動活性化実行委員会(SAAC)など共催。計四作品を二作品ずつA、Bプログラムに分けて上演する。前売りはA、B各二二〇〇円。A、Bセットで三八〇〇円。問い合わせは相鉄本多劇場045(319)2150。

 上演作品と演出家は▽A「美と共同体と東大闘争」(田口アヤコ)、「わが友ヒットラー」(片山雄一)▽B「レター教室」(石神夏希)、「『近代能楽集』より『班女』」(矢野靖人)。(斉藤大起)


日付も変わって本日いよいよ初日を迎えます。当日券もございますので、この週末はぜひ横浜へ。

皆様に劇場でお会いできることを楽しみにお待ちしております!

矢野靖人

片山組・稽古場リポート by 石神

つづいて片山組のリポートです!


『わが友ヒットラー』は、カワイイ女の子がヒットラーを演じる…と伺っていたので、
ドキドキしながら稽古場に潜入すると。

おお!いた!しかもゴスロリ!
そしてその周囲には…迫力のある、屈強な(?)男性たちが。

でも、これには、三島さんが作品にこめた意図を踏まえた
大事な意味があるそうです。
上演を見ると、きっとそれが分かると思います。

片山さんは一見したところ、
芝居よりむしろクラブイベントでも企画してそうなお兄さんなんです。
(※私の勝手な印象です。でも実際コンサートの演出等されています)
しかも前述のヒットラー役の件とか、私はちょっとミーハーな気分で
興味を惹かれていました。

ところが、実際に足を運んでみて、稽古場の超真剣な雰囲気に
圧倒されてしまいました。
そこで行われている作業は、本当に緻密で、繊細で、粘り強い。
ある意味、「しつこい」。笑
それは、強い信念と情熱がなければ、できないことだと思います。

職人なんだなあ。って思いました。
それも、鉄製品とかのイメージ。
鉄をじっくりじっくり熱して、一番いいときに、一気に叩いて仕上げる。
演出席で役者の芝居を見守っている片山さんは、
真っ赤な鉄を火の中から引き出す瞬間をじっと狙っている、職人みたい。
もう全然、隙がないのです。


これは、褒め言葉なんですけど、変態なんだと思います。
あ、三島さんも変態ですね。


作品の演出については、非常に性的な感じがしました。
男性的/女性的のどちらかではなくて、性的。セクシュアル。
矢野組も官能的でしたが、こちらは、なんといったらよいのか。
ほとばしるんじゃないんです。抑えて悶えるような。
おそらく、男性から観たときの印象と、女性からのそれとは
大きく違う作品になるのではないかと。
ぜひ、男女両方のお客さまの感想を聴いてみたいです。

どきどき。

ページ移動

Script : Web Diary Professional  ..  designed by : ysht.org   Copyright (C) 2007 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.