記事一覧

あと少し〜

アップロードファイル 23-1.jpg

明日明後日は一日稽古。もう稽古も佳境だーい。連日の稽古に皆地味に疲れてきている今日この頃でございます。

風邪ほぼ治った感だよ!皆さん心配かけてごめんなさい。今日は稽古後におされなカフェーでごはんを食べました。余計幸せな気持ちに。あたしは明太子アボガト丼食べたやす。しあわせー☆(アイドルblogを気取っているわけでは決してないのでどうぞご了承下さい)

ちうわけでそのカフェーで嬉しそうにシラス豆腐を食べる平川道子さん。

さう、本日ご紹介はみちゃきこと平川道子さん。写真に写ることを極度に嫌うため、ようやく彼女の承諾を得たのがこの写真になります。私はよくチラシ用にも自分がカメラマンアサーキーとなって撮影をするわけなんですが、その写真とかはいいのかい?と言うと、心を折りながらも芝居のためなのでなんとか飲み込んでいるのだそうです。毎公演、私は彼女の心をぽきりぽきりと折っています。時おり折れた音すら聞こえます。ちなみに今回の稽古では心は折れず、一度ペシャっとぺしゃんこになったのだそうです。本人談。可哀相にも程がありますが、そうなる心を持っている彼女だからこそ、フラフーパーの世界を体現できると言え、可哀相ではありますが、これからもポキリポキリと折っちゃうかもしれないことをご了承ください平川さん。

あ、別に折りたいとか思っているわけではありません。結果、そうなるだけです。

恥ずかしいと思う心は、私の演劇において不可欠です。

大ヒント。今回は、恥ずかしいという感情が貴いのだと知らない人たちをやります。やって、恥ずかしさを全開にします。

菊川朝子(フラフーパー)

着実に稽古してる感じ。

アップロードファイル 22-1.jpg

題名通り、日々の進化が実感できてとても気持ちがよいです。

演出家は冷えピタを貼っていますが、まあ気にするな。明日にはまるっと元気だぜ!てへ!

今日ご紹介の出演者はあなざーわーくすの大西智子さんです(写真)。

なにげに今回フラフーパー初出演の智子さん。あと初出演は鯉沼氏と杉岡氏か。まあ普通に初とは思えないくらい皆馴染んでます。おりとしても、智子さんはじめてか〜ってくらいに付き合いは長いので、不思議な感じ。普通の人が出来ないからだの動きをする人です。本人はダンスに四苦八苦しておりますが(笑)、ひとたびハマるとすごく素敵なことになってます。今回のポジションは、まあ皆当然そうなんだけど、智子さんじゃなきゃ面白くないなあと思います。

いやあ。今日は通しとはクラベモノにならないくらいダンスも良くなったし、俺も客席からみたいわあ。今日、リアルにダンスの段取りを教えてもらいました。何曲もあるから基本的に振りうつしした傍から忘れていくんだよ…ああ、言い訳だよ…ごめんなさい。

明日から私もがっつり稽古していきます!レッツ!自分稽古!

菊川朝子(フラフーパー)

初通しも終わり、

アップロードファイル 20-1.jpg

トータル30分くらいだとゆうことがわかりました、菊川組です。

写真は昨日通し後久々に皆で飲みに行った図。かしましいです実際。一人ひとりは静かだけどやっぱ10人とか集まるとかしましいね。

皆さんのblogが実のある感じなのに、自分の日記のかすかす具合にどっきりどきどきですが、負けません。相変わらずでいきます。あきらめました、賢くなるのを。安く軽く、安く軽く。

そういえば通しを見にいらしたスタッフさんに「意表をついてますね」と言われた。さすがに「どこがですか?」とは聞きませんでした。おしゃまさんなので(意味不明)。おもしろがってくれているようだったのでひとまず安心。スタッフさんに意味がわかりませんと言われたら、説明できる自信がないのでよかったです。

200点か0点かの綱渡りが好きなので、置きにいくことはありません。神経はりつめて作ってます(意外と)。今日は通しでの問題点もクリアにしつつ、より明確になるよう試行錯誤。嬉しいのは、共演者のやる芝居を周りが羨ましがっていること。これは演出家冥利につきます。面白くなりそうです。

菊川朝子(フラフーパー)

ディレクターの想い

いやいや。楢原さんが初投稿、ポかリン記憶舎・明神さんも稽古が始まって。この企画公演も本番に向けて、準備が架橋に入ってきた感じがしますね。

企画者として、いよいよ楽しくなって来ました。自分ばかりが楽しんでいてもしょうがないのですが、とまれ、自分が楽しめなければ。とも思います。


ところで、そんな折にふと、何故この横濱・リーディング・コレクションという企画を立案したか。思い出しました。#0のディレクターズノートにはこんなことを書いています。

ディレクターズ・ノート

 ふと開いた雑誌にちょっと素敵な文章をみた。それは一枚の写真に添えられたささやかな文章で、その写真が美しかったから、そんな印象を抱いたのかも知れない。


 昔の人は偉かった。

 ものが壊れれば、直して使うのが当然だった。
 持ち手が外れた水差しには、ブリキで出来た頑丈な持ち手を
 器が割れれば、ワイヤーをきつく巻くことで間に合わせることもあれば
 無様に入ったヒビには割れ目を漆でつなぎ、金の装飾をほどこすこともある。
 何人もの手を渡り、100年、200年を経た姿に私たちは目を奪われる。
 そして同時に自分の中の失われた感覚に気付き落胆する。
 使い捨てが当たり前となったいま、私たちはものを「使った」という証拠を
 果たして残していけるだろうか。
 先人たちが、繰り返し、繰り返し、受け継いできた器。

 時はそこに美しさを添えていた。


 言葉は器に似ていると思う。言葉も、確かに古びる。土や木で出来た器のように割れたり、ヒビがはいったりしてしばし、それは簡単に使い物にならなくなる。

 私たちは、私たちの言葉をひとつの器のように先人からきちんと受け継いで来ているだろうか。私たちは言葉を使った証拠を、言葉に残していくことが出来ているだろうか。言葉が一枚のお皿だとしたら、そこに盛られる料理は私たちの想いだ。しかし想いは、言葉そのものによってしか伝えられない。言葉は一つの器でありながら、同時に人々が実際に口にする料理でもある。

 私たちは、私たちが日々口にする言葉によって出来ている。

 横濱・リーディング・コレクションは、古今のテキストを読み直すプロジェクトです。例えて云えばヒビの入ってしまった器を接ぎ直し使い続けるような、失ってしまった何かを取り戻すプロジェクトです。

戯曲の紹介とか、演劇のためとか。そんなことは実は僕にとってどうでも良くて、もっと深く人間について踏み込みたい。もっと深く、人間が作ってきたもの振り回されてきたものに関係したい。

そんな、何てことはないことが実はすべての原動力で、僕は毎日をどう楽しむか、それだけを考えて過ごしている気がします。

そして出来ることなら、会場にいらして頂いたお客様とも、その楽しさ・歓び・好奇心・興奮を、分かち合いたい。

横濱・リーディング・コレクション#3、いよいよ一週間後には初日を迎えます。まだ、お席に余裕はありますが、今回本企画初の二本立て興行です。何が起こるか分かりません(笑)。急にソールドアウト! 何てことも考えられます。ので、ご来場をご検討中のお客様には、ぜひお早目のご予約下さいませ~

矢野靖人(shelf)

お初です

初書込の楢原です。
Aプログラムの『動員挿話』という作品の演出をします。
普段はチャリT企画という劇団を率いて座付き作家・演出家、ちょっぴり俳優なんかもやってます。
こないだまで選挙でバタバタしてまして・・・なかなか書き込みできずにすみませんでした。
今日からは本格的なブロガーになって頑張って書き込みたいと思います。

さて横浜といえば・・・
・うちの姉貴夫婦は鶴見に住んでいるので、横浜にはなじみがあります
・こないだ新港埠頭に渡辺美里のライブに行ってきましたので、横浜に親近感湧いてます (そういえば初めて美里LIVEを見たのは横浜アリーナでした。高校の時です)
・いしだあゆみの『ブルーライト・ヨコハマ』はいい曲だと思うので、横浜もいいと思います。
そんなとこでしょうか・・・

次回は稽古場風景でもアップしようかなと思います。
ではまた。

Script : Web Diary Professional  ..  designed by : ysht.org   Copyright (C) 2007 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.