記事一覧

暇なわけじゃないんですよ。

アップロードファイル 13-1.jpg

呑気に稽古後に坦々麺のお店行って辛い麺喰ってうまいうまい言ってますけど。

稽古日記こまめに書いてますけど。

暇なわけじゃないんですよ!!いや、嘘。多分比較的暇。大枠の部分でやるべきことはほぼ済んで、あとは稽古してくのみ状態なのでまぁ割と暇。家ですることが小道具作りとかだよ。週末から毎日稽古になるのでそれまでにしこたま準備を溜め込むのさ。

やははやはは。

さぁて今回は何を暴露しようかな。無意味で無利益な私のごはんの話読んでもつまんないもんね。芝居の話しないと読んでる甲斐ないよね、ね。

ええと。

毎回、芝居を作る際に考えることなのですが。なんらかの形で演劇と自分の距離感をはかります。舞台に出来る空間と演劇との関係性は、私の芝居において非常に重要な意味を持ちます。

とゆうわけで今回は、「リーディングを『演劇』する」。リーディングて何やねん。読めばいいんかい。読むって何やねん。これは演劇で。じゃあ演劇て何やねん。そーゆー疑問のひとつひとつとぶつかり合ってはじき出してやろうと。

真面目っぺー!!!漠然とおっきいこと言いましたが、身につまされること一個もしません。4作品で一番、何のためにもならない作品にはなる自信あります。

あ、今回稽古場でよく口にしている言葉は《アンチテーゼ》。そおゆう気持ちはあるかな〜(煩い)。これぞリーディングって言う気概で、リードしますよ。だってリーディングつーからには、読まな!な!

すっげー読みます。

菊川朝子(フラフーパー)

めずらしく稽古風景。

アップロードファイル 12-1.jpg

撮ってみました。

意外に日にちがないのね今日この頃。かつかつ進めないトゥナイト。せっかく写真は撮ったのに、ろくな日記書けねーでやんの。くさくさ。写真はもちろんダンシントゥナイト。角度が決め手ね、ダンスはね。

リードもしてますよ、もちろんしてますよ…。なにげに稽古はあと10回くらいクライ。

菊川朝子(フラフーパー)

神奈川新聞に掲載されました。

本日、神奈川新聞に横濱・リーディング・コレクションの紹介記事が、写真付きで掲載されました。ENTERTAINMENT の欄です。同紙をご購入の方がいらっしゃいましたら、是非、ご一読下さいませ。

と、折角ですので、こちらでも記事を転載・ご紹介しますね。

― 若手演出家4人 岸田作品に挑む ― (神奈川新聞 2007年7月24日)

小劇場で活躍する四人の若手演出家が、岸田國士作品に挑む「横濱・リーディング・コレクション」が八月九日から十二日まで横浜・相鉄本多劇場で開かれる。横濱・リーディング・コレクション実行委員会の主催。

同コレクションはこれまで、福田恆存、太宰治、宮沢賢治の作品を、気鋭の演出家が舞台に再表現して来た。朗読や読み聞かせといった従来のリーディングではなく、同一作家のテキストの魅力を、各演出家がそれぞれの特性を発揮し舞台化しているのが特徴。今回はシリーズ第四弾で、“近現代劇の父”と言われる岸田の作品を取り上げる。

戦争を背景に夫婦のかっとうを描く「動員挿話」に臨むのは「チャリT企画」の楢原拓。横浜の寂れたホテルで働く老女の記憶をつづる「顔」に挑むのは「shelf」の矢野靖人。「Hula-Hooper」を率いる菊川朝子は、夫が失業中の家庭の悲喜劇を描いた「かんしゃく玉」を取り上げる。岸田初期の一幕劇で代表作の「紙風船」を「ポかリン記憶舎」の明神慈が読み解く。

問合せは横浜SAAC事務局 045(319)2150(午後一時~六時)

アップロードファイル 11-1.jpg

写真は今年2月に行われた前回公演(宮沢賢治を読む!)の「オツベルと象」
撮影=藤倉善郎

リーディング、過去公演写真

shelfの矢野です。アーカイブページは現在作成中ですが、お薦めステージ紹介ポータル「CoRich 舞台芸術!」(http://stage.corich.jp/)内の横濱・リーディング・コレクションのページに、先行して今までのリーディング公演写真を掲載しています。

CoRich 舞台芸術!:横濱・リーディング・コレクション
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=550

1公演10枚弱×3演出家、×3回分ありますので、かなり見応えがあると思います。お時間あるときに是非、ご覧になってみて下さい。

「とにかく俳優が、舞台上で台本を持っていればいい。」

「読む、ということについて、それぞれの演出家が積極的に解釈を加えた結果として、一つのユニークな舞台表現であって欲しい。」

という主催者側の要望二点を軸に、ドラマ・リーディングといいつつも、その枠組みを常に、積極的に踏み越える方向へと、この企画は展開して来ました。

こうしてみるといろいろな演出家に登場願ってきたことで、各演出家の格闘の軌跡、表現の幅の広さが、垣間見える気がします。

アップロードファイル 10-2.jpg

扇田拓也演出:「堅壘奪取」より
~横濱・リーディング・コレクション#0「福田恆存を読む!」~

アップロードファイル 10-3.jpg

椎名泉水演出:「駈込み訴え」より
~横濱・リーディング・コレクション#1「太宰治を読む!」~

アップロードファイル 10-1.jpg

前嶋のの演出:「冬の花火」より
~横濱・リーディング・コレクション#1「太宰治を読む!」~

アップロードファイル 10-4.jpg

鳴海康平演出:「オツベルと象」より
~横濱・リーディング・コレクション#2「宮沢賢治を読む!」~

アップロードファイル 10-5.jpg

大岡淳演出:「セロ弾きのゴーシュ」より
~横濱・リーディング・コレクション#2「宮沢賢治を読む!」~

矢野靖人(shelf)

毎日書けたちゃん。

アップロードファイル 9-1.jpg

今日は一日稽古で、まるまるダンスばっかやってました。リーディングなのに!読んでない!!

不思議!摩訶不思議!

でもおかげで9割は振りうつしが済んで来週の稽古からはかつかつとスムーズに稽古が進むと、いいなあと思いますよ今。

一応今私の中で、日記で毎回何かヒントをちりばめていこうと思っているのですが…今日のダンスのために今度の稽古でみんなに、あるビデオを貸せてやろうと思います。割と機会があると参考にしてと渡すビデオなんですが、今回はまさにな振付があるのでぜひになのです。なんのヒントにもなってない?ごめんね。

お詫びに。昨日髪を切ってまた変なことになりました。色も。あと衣裳が9割揃った!偉い!仕事早い!なんせ10人だからね。女の子10人たら、そらそうとうなもんですよ。まあ言えませんがまあ。まあ!まあ!

NGコードがありすぎるので、私は稽古日記が書けないのを毎回このあたりで思い出すのです。それでも可能な限り、頑張りますよ。

あ、写真は今日の夕餉。稽古場付近の中華やさんで、フラフーパーの上枝鞠生と、レギュラー登板の平川道子。

私は中華丼を食べました。安いうまいだったよ。夜は坦々麺を食べにいっちゃいました。今日の思い出、中華三昧!

それでは明日早起きさんなのでこれにて失敬。

菊川朝子(フラフーパー)

Script : Web Diary Professional  ..  designed by : ysht.org   Copyright (C) 2007 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.