logo



劇作家・演出家・俳優。1980年生まれ。1999年、「ペピン結構設計」創立に参加、以降ほぼ全作品の脚本・演出を担当する。劇場の立地や環境、参加メンバー個々の生活における問題意識を作品に反映させる創作プロセスにこだわり、生活者としての切実さと哲学的なテーマとを共存させた不思議な世界観や、リズミカルな台詞・独特の言葉選びが支持を得ている。2004年、『東京の米』にて第2回かながわ戯曲賞最優秀賞受賞。2007年からは、自身が主宰するユニット「COLUMBA(コロンバ)」の活動を開始。神話や昔話といった普遍的な「物語」を、現代日本的な感覚で再生することに挑戦している。

ペピン結構設計 : http://pepin.jp/


『レター教室』は、全体が手紙だけで構成されているので、そもそも声に出されるはずのない、書き言葉しかありません。手紙の朗読というのは、たまに結婚式や歓送迎会で聴くけれど、読むほうも聴くほうも、相当気恥ずかしい思いをしているような気がします。自分だったら絶対に読みたくないです。まあ、大抵もらい泣きしてしまうのですが、それでもやっぱり、罰ゲームとしか思えません。もしかしたら、誰でも一生に一度くらい、あえて恥をしのんで、公衆の面前で、大声で、読まなきゃいけない手紙があるのかもしれません。でもそれはやっぱり、何かの罰ゲームなのかも、たとえば幸せになるための。たぶん、気恥ずかしい舞台になると思います。

COLLOL
COLUMBA 『ねもと』 @横浜・STスポット
STスポット提携企画


designed by : ysht.org   Copyright (C) 2009 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.