logo



shelf演出家・代表。1975年名古屋生。北海道大学在学中に演劇を始める。1999年4月より青年団演出部に所属。2000年2月、青年団第5回若手自主公演『髪をかきあげる』(作/鈴江俊郎)演出。退団後、演劇集団かもねぎショット演出助手等を経て、2002年2月shelf始動。 近年は、俳優の「語り」に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。同時代に対する鋭敏な認識、空間・時間に対する美的感覚と、静かな佇まいの中に高い内圧を感じさせる演技方法とを結合させ、舞台上に鮮やかなビジョンを造形し、見応えあるドラマを創造する手腕が高く評価されている。
代表作に、『R.U.R. a second presentation』(作/カレル・チャペック)、『悲劇、断章 ― Fragment / Greek Tragedy』(作/エウリピデス)、『Little Eyolf ― ちいさなエイヨルフ ―』(作/ヘンリック・イプセン)等。本コレクションの総合ディレクター。日本演出者協会会員。(財)舞台芸術財団演劇人会議会員。
shelf :
http://theatre-shelf.org/


三島由紀夫という硬質で構築的で且つ偏執的なまでに特異な美意識に貫徹された作家のテキストと向き合うことに非常な興奮と喜びとを感じています。
稽古に先立ち、頭の中には、先行する幾つもの過去に観た上演例が駆け巡っています。三島由紀夫の戯曲に書かれた言葉はすべて、所謂"話し言葉"では決してない――それはむしろ、文語の「語り」に近い。そのような考えを前提に、しかし奇を衒うのではなくストレートに、三島の言葉の強度と美学とを舞台上に構築したいと思っています。ご期待下さい。



 shelf 『悲劇、断章 ― Fragment / Greek Tragedy』
@七ツ寺共同スタジオ   撮影/構久夫

designed by : ysht.org   Copyright (C) 2009 Yokohama reading collection executive committee. All rights reserved.