短時間でしっかり稼げる仕事をしたい、そんな人に最適と注目を集めているのが、動画配信ビジネスです。動画配信を行うライバーで人気となれば、本業以上の収入を手にすることも夢ではありません。

ライバーの主な収入源は、視聴者から受け取る投げ銭です。そのため、ライバーで稼げるようになるためには、まずより多くの人に視聴して貰えるようになること、さらに思わず投げ銭をしたくなるような内容を配信することが重要となります。人を楽しませると聞くと、芸人のように人を笑わせたりするスキルが必要なのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、ライバーの世界は自由度が高く、必ずしもおしゃべりで人を笑わせる必要はありません。

トークをするにしても、人の心を打つ真面目な話や生活にちょっと役立つ話など、話す内容は自由に選べます。視聴した人の心に刺されば、そこからファンが増え、収入も右肩上がりとなっていくでしょう。一人で話すのが大変であれば、視聴者から質問を受け付けそれに答える形で配信を進めていくと良いでしょう。話が苦手な場合は、料理をする工程や姿を映したり、楽器演奏やダンスをしたりする形で配信をしていくことも有効です。

配信をするペースや時間に決まりはないため、本業が暇な曜日に1時間だけなど、ライバーであれば自由なペースで活動を進めていくことができます。最初は、なかなか収入に繋がらないこともありますが、週に3回22時からの1時間など、一定のペースで活動をしていけば自然とリピーターも増え、安定して稼げるようになっていきます。時間的に余裕がある人であれば、人を集めやすい長時間配信に挑戦をしてみるということもおすすめです。普段何気なく過ごしているちょっとした空き時間を有効に使ってお金を稼ぎたいという場合は、ライバーに挑戦をしてみると良いでしょう。

ライバーの収入は人によって異なりますが、ファンが増えれば個人事業主という形での活動を目指すことができます。個人事業主になる頃には、ライバー事務所からのお誘いがあったり、他のライバーからコラボ配信を持ちかけられるなど、より稼ぎやすい状態となっているでしょう。今から参入してももう遅いのではないかと考える人もいますが、動画配信やネットの世界は何がきっかけでバズるか分からないものです。そのため、少しでも動画配信に興味を持っているのであれば、試しに配信をしてみるところから始めてみると良いでしょう。